【本ページはプロモーションが含まれています】

ニュース

#shorts 踏切渡ろうとしたら“電車接触” 遮断機上がった原因は“振動” -芸能ニュース/炎上まとめ

#ニュース

炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

  1. 画像
  2. 動画
  3. チャンネル名
  4. チャンネル説明

画像

動画

pppremium”pppremium"

チャンネル名

チャンネル説明

電車が来る前に遮断機が上がった踏切事故の原因が分かりました。

 大阪西成区、南海電鉄の踏切周辺の映像です。遮断機が下がってからおよそ40秒後。電車が踏切を通過していないのになぜか遮断機が上がりました。車が発進した次の瞬間、電車が通過。非常ブレーキを掛けましたが車と接触しました。

周辺で働く人
「こんなの初めて、この辺りでは。人命に関わることだからしっかりと整備して、二度とこんなことがないように」

 南海電鉄によりますと、高野線、西天下茶屋駅近くの踏切を電車が通過する直前に遮断機が上昇。なぜ遮断機が上がったのか。その理由が明らかになりました。

 南海電鉄によりますと、電車の振動などでレールと枕木付近のボルトが一時的に接触したため、機械が電車が来ていないと誤認したことが原因だといいます。

 機械が誤認。そのようなことが起きるものなのでしょうか…。専門家に聞きました。

鉄道ジャーナリスト 梅原淳さん
「実は電車が近付いているのに遮断機が閉まらないとか、途中で上がってしまうトラブルはもちろん珍しいトラブルだが、全くないということでもない」

 今回の機械の誤認。そのメカニズムとは…。

鉄道ジャーナリスト 梅原淳さん
「レールに踏切を作動させるためのセンサーの仕組みがあるが、(枕木の)ボルトに電気が流れてしまってそちらのセンサーが働いてしまった。つまり『電車が通り過ぎたと判断してしまった』ので遮断機が開いてしまった」

 幸い、けが人はいませんでした。南海電鉄は当該のボルトを撤去していて、今後、枕木交換を実施する予定で、他の場所についても確認を進めています。

#youtube #芸能 #事件

-ニュース

炎上リサーチ ワールドカップもね