【本ページはプロモーションが含まれています】

ニュース

爆発的に延焼“猛暑”“強風”が被害拡大か…チリで大規模火災 131人死亡【報道ステーション】(2024年2月7日) -芸能ニュース/炎上まとめ

#ニュース

炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

  1. 画像
  2. 動画
  3. チャンネル名
  4. チャンネル説明

画像

動画

pppremium”pppremium"

チャンネル名

チャンネル説明

南米チリの首都近郊で、大規模な火災が発生しました。

チリ中部・バルパライソ州ビニャデルマル。一面が焼け野原となりました。周辺の街を含め、焼失面積は4万3000ヘクタールに上っています。横浜市全域に相当する広い範囲が炎に包まれ、灰と化しました。

一帯で炎が上がり始めたのは、2月2日のこと。山間部で起きた火災は、住宅地へと燃え広がり、家という家が炎に包まれました。被害にあった人たちが口をそろえるのが、火の回りの速さです。
住民:「恐ろしい強風で発火し、すべての家が燃えてしまいました。住民は逃げるのが、やっとでした」
住民:「炎で家が壊され続けていました。何が起きたのかわかりません」
住民:「火の手は10分~15分で、こちらに到達しました。四方八方が炎に包まれ、倒壊し始めました。熱さに耐えられず、何も見えなくなりました。周辺が暗くなり、どうしていいかわからず、上のほうに逃げました」

現地には、非常事態宣言が発令されました。犠牲は甚大で、これまでに131人が死亡。300人以上が安否不明となっています。
住民:「母親と母親のパートナーの遺体を見つけました。3人目が見つかりません。情報があったらお願いします。アナスタシア・エリザベス・オレジャナ・ディアス、14歳です。妹が見つかりません」

妹と目の不自由な父親を失った男性。
住民:「妹は、財布を取りに戻り、父はあちらに残ったのです。父は煙にのまれてしまい、息ができなくなってしまったのです。多分、あそこで倒れてしまったのだと思います」

州都・バルパライソは、“天国の谷”を意味する美しい街です。歴史ある色彩豊かな街並みは、世界遺産にも登録されています。近郊にはビーチもあり、内陸の首都・サンティアゴから100キロほどのこの一帯は、多くの人々が訪れるリゾート地です。

南半球のチリは、いまが夏。観光シーズンのビーチにも空一面に煙が立ち込めました。

この夏、チリでは、エルニーニョ現象の影響もあり、記録的な猛暑となっていました。空気も乾燥するなかで起きた火災。被害をさらに拡大させる要因となったのが、強風です。
森林当局者:「時速40~50キロの風が非常に厄介です。風が火のついた葉や枝、木片を運び、次々と新たな火事を生み出しています」

当局は、放火の可能性もあるとみて捜査しています。2人が逮捕されたものの、証拠不十分で、その後、釈放されていて、出火の原因は、まだわかっていません。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2024
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

#youtube #芸能 #事件

-ニュース

炎上リサーチ ワールドカップもね