【本ページはプロモーションが含まれています】

ニュース

少子化財源 1人あたりの負担は「月500円弱」政府が試算 医療保険料に上乗せ【報道ステーション】(2024年2月6日) -芸能ニュース/炎上まとめ

#ニュース

炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

  1. 画像
  2. 動画
  3. チャンネル名
  4. チャンネル説明

画像

動画

pppremium”pppremium"

チャンネル名

チャンネル説明

少子化対策の財源となる『支援金制度』をめぐり、1人あたりの負担が平均で月500円弱になるとの見通しを明らかにしました。

立憲民主党 早稲田夕季衆院議員
「1人月額500円と、政府は試算をしているのか」

岸田文雄総理大臣
「粗い試算として申し上げれば、2028年度の拠出額は、1人あたり月平均500円弱と見込まれる」

立憲民主党 早稲田夕季衆院議員
「年額で言えば6000円。世帯で言えば、共働きだったら(年)1万2000円程度になる」

政府は少子化対策の財源として、医療保険料に上乗せして加入者から徴収する『支援金制度』を2026年度から段階的に始める方針です。

岸田総理大臣はこの額について、1人あたり平均で月500円弱になるとの見通しを初めて示しました。

国会では、立憲民主党が「事実上の子育て増税」と批判しましたが、岸田総理は「歳出改革と賃上げを行うことで、実質的な負担を生じさせない」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

#youtube #芸能 #事件

-ニュース

炎上リサーチ ワールドカップもね