【本ページはプロモーションが含まれています】

ニュース

【石破茂が訴える危機感】自民・裏金事件で信頼失墜“政治とカネ”不信払拭の改革は?【日曜スクープ】(2024年2月4日) -芸能ニュース/炎上まとめ

#ニュース

炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

  1. 画像
  2. 動画
  3. チャンネル名
  4. チャンネル説明

画像

動画

pppremium”pppremium"

チャンネル名

チャンネル説明

自民党派閥の政治資金パーティーを巡る裏金事件で、国民の政治不信が高まり、実態解明と実効性のある党改革の要請が強まっている。派閥弊害の除去と解消への決意を示そうと、自民党が1989年に決議した「政治改革大綱」が、35年が経過した今、注目を集めている。当時、若手議員として政治改革の必要性を主張してきた、自民党元幹事長の石破茂氏を番組ゲストに迎え、党存立のための改革、政治不信の払拭策などについて見解を聞いた。

1986年に衆院選に出馬し、当時、全国最年少となる29歳で初当選した石破氏は、1988年、武村正義氏が中心となり、当選1回の若手議員20人で結成された政策勉強会「ユートピア政治研究会」に加わった。同会で政治改革の議論に深く関わった石破氏は、「政治とカネ」の問題に対峙することになった。自民党議員などに未公開株が譲渡された「リクルート事件」を受け、自民党が1989年に反省と信頼回復への決意を誓い、改革の基本方針「政治改革大綱」が党議決定された。同大綱には、「『政治と金』の問題は政治不信の最大の元凶である
自ら厳しく律する姿勢の徹底を図ってきたが、多額の政治資金を強いられる政治の仕組み、特に選挙制度の前には、自己規制だけでは十分ではないことを痛感した」と記され、政治家自身の判断に委ねることなく、厳格なルール設定の必要性を訴えている。

★ゲスト:石破茂(自民党元幹事長)、岩井奉信(日本大学名誉教授)、久江雅彦(共同通信編集委員兼論説委員)
★アンカー: 末延吉正(ジャーナリスト/東海大学教授)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

#youtube #芸能 #事件

-ニュース

炎上リサーチ ワールドカップもね