【本ページはプロモーションが含まれています】

炎上

シナリオ作家協会の炎上動画は閉鎖も…理事「原作者は関係ない」の“本音発言”にファン怒り|ニフティニュース -芸能ニュース/炎上まとめ

炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

ブログランキングに投票お願いいたします。

[


((協同組合日本シナリオ作家協会のホームページ))

 日本シナリオ作家協会は2月4日、公式サイトを更新し、YouTubeチャンネル「シナリオ作家協会チャンネル」で掲載した動画「【密談.特別編】緊急対談:原作者と脚本家はどう共存できるのか編」について、謝罪した。

 動画は1月29日、漫画「セクシー田中さん」の作者・芦原妃名子さんの訃報があった当日に公開されたことに対し、「小説や漫画等を脚本化させていただく際の原作者と脚本家の関わり方などに関して敬意や配慮を欠いた動画を配信したことにつき、深くお詫び申し上げます」と記した。

「セクシー田中さん」は昨年日本テレビ系で連続ドラマ化されたが、原作者の芦原さんが日テレ側に伝えた「必ず漫画に忠実にする」という約束が守られず、9~10話は、芦原さんがプロデューサーの要望を取り入れつつ、脚本を担当した。

 これに1~8話を担当した脚本家がインスタグラムで、「最後は脚本も書きたいという原作者たっての要望があり、過去に経験したことのない事態で困惑しましたが、残念ながら急きょ協力という形で携わることとなりました」と“不満”を綴ったことから、騒動が明るみに……。ネット上で話題になったため、先月26日に芦原さんがドラマの脚本を巡るトラブルを公開(現在は削除)し、「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい。」とSNSを更新。直後に、行方不明になっていた。

 そして芦原さんの訃報が報じられた当日に公開された動画だ。出演者でシナリオ作家協会の理事の一人が、「私は原作者の方に会いたくない派なんですよ」「私が対峙するのは原作であって原作者の方はあまり関係ないかな」「状況が生んだボタンの掛け違いで世間が対立構造を作って攻撃するのが私はとても悲しい」などと語っており、それが大炎上している。

■理事はSNSに鍵、弁明もなし

「謝罪文では、動画について《今回の動画内における出演者の発言も当協会の公式な見解ではなく、また当協会に所属する他の脚本家の意見を代弁するものでもございません。》と理事長名義で弁明しています。しかし、この発言は公式動画で理事の立場のもの。本人からは、SNSで鍵垢にし弁明もないので、ファンからは不誠実だと怒りの声が出ています。また、『セクシー田中さん』の件は、芦原さんとの約束を反故にした日テレ側から経緯の説明がないことも、“原作者”を無下にしていると、脚本家への批判に繋がっています」(ドラマ制作会社関係者)

 問題は収まりそうにない。

]...以下引用元参照
引用元:https://news.nifty.com//article/entame/showbizd/12136-2779194/

-炎上

炎上リサーチ ワールドカップもね