【本ページはプロモーションが含まれています】

ニュース

#shorts 気温急降下で…冬の定番“おでん”売り上げアップ 「卵」味染みの方法は -芸能ニュース/炎上まとめ

#ニュース
炎上リサーチは芸能、事件、スポーツ、ネット全般の最新情報を24時間更新を続けるまとめサイトです。
ジャニーズ・ワールドカップ情報もお知らせします。

  1. 画像
  2. 動画
  3. チャンネル名
  4. チャンネル説明

画像

動画

pppremium”pppremium"

チャンネル名

チャンネル説明

寒くなると恋しくなるのがおでん。おいしくいただくコツを専門店に聞きました。

■冬の定番“おでん”売上アップ

東京都心は最高気温が7.6℃と真冬並みです。2月1日は半袖でランニングをする人もいましたが、2月2日は厚着で寒さをしのぐ人ばかり。8℃以上も寒暖差があります。

一方、この冷え込みで、あの“冬の定番”が大人気です。熱々のおでんです。約30種類の具材が鍋を彩ります。

おでん専門店大阪屋 木下宏一店長
「前の日に暖かくて次の日が気温が下がる方が売り上げ的には良い」
「(Q.きのうと比べてちょっと多め?)(具材の量は)全然多い」

お客さんの姿も…。

次々と売れていくおでんですが、家庭でもひと手間加えるだけで店さながらの味になるといいます。コツは煮詰める時間にありました。

■おでんの卵 味染みの方法は

冷え込みが一気に強くなった東京都心。おでん専門店には続々とお客さんが訪れていました。

購入客
「きょうから煮て、あした食べようかなと思う」

一方、家庭でも専門店のようなおでんが作りたい…。そこで、不動の人気を誇る卵について教えてもらいました。

おでん専門店大阪屋 木下久子代表
「ちょっとゆですぎくらいが(殻を)むきやすい」
「(Q.15分くらいゆでても大丈夫?)大丈夫。白身が煮詰めすぎると固くなってしまう」

店長からはこんな豆知識も。

おでん専門店大阪屋 木下宏一店長
「ずっと沸騰している所に入れていても染みない。冷めていく方が染みる。染みさせたければ一晩、冷蔵庫に置いておいても染みる」

東京の寒さは週末も続き、週明けには雪が降る恐れもあり、警戒が必要です。

#youtube #芸能 #事件

-ニュース

炎上リサーチ ワールドカップもね