炎上

元タレントが糾弾…タレントを守るためにジャニーズ事務所がすべきこと 「シンプルな話」|ニフティニュース


ブログランキングに投票お願いいたします。

[

東山紀之・井ノ原快彦・藤島ジュリー景子

メンタリスト・DaiGoが7日よる、自身の公式YouTubeチャンネル『メンタリスト DaiGo』でライブ配信を実施。同日に行なわれた、ジャニーズ事務所創業者の故・ジャニー喜多川氏による性加害問題をめぐる同事務所の会見について言及した。

【動画】ジャニーズ問題に言及

■「同じ加害者」の批判に反論

この問題をめぐっては、喜多川氏の性加害について、噂を知りながらもいわば「見て見ぬふり」となってしまった先輩タレントたちについて「同じ加害者だ」と批判する論調がある。

これに、DaiGoは「それはおかしいと思う」と話す。一般企業などでパワハラが行われていた場合に、「皆さん見て見ぬふりしないで、その上司と戦いますかっていったら、ほぼ戦わないじゃないですか。しかも自分もパワハラされてたらどうですか。新入社員がパワハラを受けてたら、自分の身を挺して助けます? できないじゃないですか」と指摘する。

■「攻撃する」と予測

DaiGo自身も、かつてはテレビタレントとして活動していたものの、YouTubeでの発言で炎上状態となり、メディアの厳しい批判にさらされた経験がある。

これを踏まえ、ジャニーズ事務所の今後について、メディア側への批難をかわすために「これから、タレントのいろんな人のスキャンダルを出してくる。じつは未成年で飲酒したことがあるとか、タバコ吸ったことがあるとか、絶対に叩けばホコリが出る。メディアはジャニーズ事務所の1人1人を攻撃する。みんなが飽きるまでこの問題をやり続けます」と予測する。

■「テレビに頼るのやめよう」

また、自身もテレビからインターネットに軸足を移したことに触れて、「今は事務所の力を使わずに稼げるんですよ。YouTubeとかでもいいし、生配信でもいい」と話す。

そこで、「タレントの皆さんは、事務所を辞めたらいじめられるかもしれないけど、ファンは離れないから。事務所に頼るのやめようよ。テレビに頼るのもやめようよ」と呼びかけた。

■「タレントの利益を守るため」の提案

さらにコメント欄でも、配信後の追記として「タレントの利益を守るなら、ジャニーズ事務所は解散、個人事務所を各々が設立。個別の案件はタレントの個人事務所に譲渡することにすれば、スポンサーはむしろCM契約を切りづらくなるし、タレントたちが得る利益は増えるしで一石二鳥でシンプルな話だと思います」と提案。

「マネージャーとか実務をやる人は必要だけども、損害賠償として内部留保されてる資金をタレント個人の事務所設立のために分配してあげれば雇えると思うのだが…」とつづっている。

■ジャニーズ問題に言及

]...以下引用元参照
引用元:https://news.nifty.com//article/entame/showbizd/12189-2544367/

-炎上