ワールドカップ

「もう一度強い日本を」 なでしこ、スウェーデン撃破へ長野風花「早く試合がしたい」 | サッカーキング #ワールドカップ #W杯


ブログランキングに投票お願いいたします。

 FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023準々決勝に向けて、10日に大会公式前日会見が実施。なでしこジャパン(日本女子代表)からは池田太監督と長野風花が出席した。
 対戦相手となるスウェーデンとは東京オリンピックで対戦。池田監督就任前のチームは同じ準々決勝で対戦し、1-3で敗れている。池田監督は「五輪での対戦した時のチームと今のチームではメンバーももちろん違いますし、新しいワールドカップに向かってのチャレンジをしているので、比べるのは難しい」とコメント。今大会のスウェーデンチームに対しては、「しっかりとしたスタイルを持っていますし、縦へのスピードも速く、攻撃的にもサイドからのクロス攻撃も武器として持っているので、しっかりと対応していきたいです。我々はノルウェー戦から中5日という時間を使って、しっかりとコンディションも整えられたので、明日はまたタフなゲームになると思いますが、しっかり戦っていきたいと思います」と、状態には自信を持ちつつ、スウェーデンのストロングポイントへの警戒感を語った。

 池田監督が言及した通り、スウェーデンは堅い守備とともにサイドでの縦への仕掛けからのクロス、セットプレーから得点する形に自信を持っているが、「身長差があるのは事実ですが、それに対してしっかり準備をして、我々は全員がチャレンジアンドカバーを徹底する、攻守にわたってコンパクトさを持ちながら一つひとつの戦い、カバーリングを徹底していきたい」と、個で戦うのではなく、チームとしていかに相手に対して守備でアタックできるかをテーマにしている。

 この点については長野も同意見を口にし、「高さや身体能力、スピードを生かした攻撃をしてくるので、より良い準備を自分たちがまず先にして、自分たちが思い通りに先手を取ることを大事にしたいです。攻撃はスウェーデンの守備は隙も出てくると思うので、フリーマンを素早く見つけてうまく使って攻撃、ゴールにつなげたい」と、攻守のポイントに挙げた。
 ここまでチームの一体感も勝ち上がりの大きな要因の一つになっているが、選手が思い切ってプレーできている理由について池田監督は「選手のポジティブな部分、成功している部分をジャッジし、評価してあげる。褒めることもそうですし、チームコンセプトと少しズレた時にコミュニケーションを取り、お互いの考えていることを言い合えていることの積み上げが、選手が迷いなく自信を持ってプレーできている理由です」と分析している。
「試合が楽しみで、早く試合がしたい」という長野は、「2011年にワールドカップを優勝しました。もう一度強い日本を見せたいと思いましたし、私たちなら絶対にできるという強い思いの積み重ねだと思います」と、現在の日本女子サッカーを取り巻く環境について問われた回答として、“世界一奪還”への強い思いを答えている。
...以下引用元参照
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20230811/1797737.html

-ワールドカップ