「批判を誇張する演出は残念」ロイホのパンケーキ酷評したシェフが胸中告白「思い上がりだった」と謝罪も|ニフティニュース

炎上

[

11月26日放送回で、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の人気メニュー「パンケーキ」を料理人が批評したことで物議を醸している『ジョブチューン』(TBS系)。11月29日、出演した料理人の1人がFacebookを更新し、思いの丈を綴った。

超一流料理人が審査員となり、有名飲食チェーン店の料理を合格か不合格かジャッジする『ジョブチューン』。26日の放送では、「ロイヤルホスト」の人気メニュー4位である「パンケーキ」について、料理人7人中6人が不合格と判定。「今フライパン進化してるんで、家で焼いても大体こういう色になる。そこを推されてもみたいな」「パンケーキに関しては変えていかれた方がいいのかな、と」といった、辛口コメントはネット上でファンを中心に大きな反発を生むことに。古くから愛されるロイホのパンケーキに対する批評は《かなり不快》《何様》などと声が上がっていた。

そんななか、審査員として出演していた京都のフレンチレストランのシェフ・前田氏は、29日に店のFacebookを更新。《先日出演させていただいた番組が話題になっております》と書き出し、ノーギャラで出演したこと、収録の際は出演したすべての料理人全員がすべての料理にコメントし、企業側も真剣に意見に耳を傾けていたことを説明した。

また前田氏は《このままで文句無く美味しいか、もう少し改良すればもっと良くなるはず》という判断基準で料理にジャッジを下していたといい、話題の「パンケーキ」については低価格で高クオリティであることを評価しつつも、番組内でケミカルと指摘した香料については《香料や膨張剤の持つ香りが不自然に感じた》と説明。

《その他の料理も、私は絶対にこの価格では作れませんと、何度もコメントしました》とも綴った前田氏。他の料理人たちも真摯に料理に向き合っていたといい、《本当に美味しい料理は皆さん大絶賛でしたし、不合格の料理でもそれぞれのシェフがアドレスされており、商品開発会議のような雰囲気でした》《今回はいい回になったんじゃないかと私自身確信しておりました》と明かした。

しかし、実際に放送された番組の様子は前田氏の意図しないものだったようで、《批判を誇張する演出は残念であり、飲食業が魅力的な業界だとは感じることができませんでした》とコメント。そして《企業様が求められるのは、忌憚のない意見であり、それが少しでもお客様の満足に繋がれば、との考えはほとんど伝わりませんでした》と綴った。

前田氏の投稿を受け、インターネット上では番組側の演出に対し疑問を呈する声が噴出。

《ジョブチューンの炎上について。テレビが編集、演出するのは当たり前。当たり前なんだけど、出演者に意図と違うと言われたら絶対にダメなんだよ。こんなんやってたら出てくれる人がいなくなると分からんのかね。》
《審査員ノーギャラなんですね。番組の構成的に使えるコメントだけを切り取られ、ヒール役にされ、飲食業界を良くしようという情熱も伝わらない演出にされてしまっていたら不憫でならないですね。》
《シェフが感じた収録の雰囲気と視聴者が受けた印象は大きく異なります。シェフのコメントが事実だとすれば、番組の主旨に沿った編集はされたのでしょうか》

《よく良く考えれば、同業者の料理をジャッジすると言うこと自体が間違っていた》《想いの詰まった料理に合皮をつけることなど、完全に思い上がりだった》と反省の弁を述べ、《この度は大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした》と結んだ前田氏。

飲食業界を盛り上げるために一肌脱いだ料理人が炎上してしまった今回の事態。番組側のケアが求められているのではないだろうか。

]…以下引用元参照
引用元:https://news.nifty.com//article/entame/showbizd/12268-2017436/

コメント

タイトルとURLをコピーしました